1.Beatbox Academy

カナダの音楽ツールを紹介するwebページ。画像の楽器をクリックするとその楽器の音が出てくる。Flashが使われていないのが素晴らしい

2.夕日の美しいホテル 夕映えの宿 汐美荘|新潟県村上 瀬波温泉

周辺の環境や施設、食事などを撮影した94秒のYoutube動画を背景に流しているwebページ。視覚的なインパクトが強いヒーローヘッダーを用いたデザインを生かしている

3.Play & Produce • za 19.11.2016 • Vooruit Gent • The Electronic Expedition

オランダの教育プロダクトのWebサイト。このサイトではRobotoというフォントを指定し、スクロールに合わせて文字が動くようなWebフォントというデザインを採用している。Webフォントは最近登場して人気が出始めのデザインだ。

4.ノバレーゼ|ブランドサイト

結婚式場のサイト。欧米の文化にはない和文独特の縦書きレイアウト。今まで縦書きのレイアウトはjavascriptや画像を使うことが主流だったが、CSS3が主要プラウザに対応し始めたことで注目されているレイアウトである。この「ノバレーゼ」はブロックに分けて行間をゆったりとったデザインでみせている。

5.Gilgul Culinary Productions

料理プロダクションの「gilgul」では鍋の様子や料理の工程などをパラパラ漫画のようなシネマグラフで表現しているデザインとなっている。

6.LIFE IS TRAINING

スプリットスクリーンという画面の中心で情報を分割し左右で別々の動きをさせるレイアウト。このWebマガジン「LIFE IS TRAINING」では表紙の画像とタイトルと、記事とを左右で分けている。

7.HOO KOO E KOO

Googleが2014年6月に発表したマテリアルデザインを利用した不動産のWebサイト。視覚だけではなく触覚にも語りかけるデザインでGoogleがデザインガイドを出しているフレームワークに則ったサイトの作成が可能となる。

素敵なデザインのサイトを見るとイマジネーションが刺激されて、新しい発想が得られそうですね!